2019年04月20日

青空の下に立つ

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


夕暮れ時に立っていた校庭の場所が悪かった。

環境は人の心に影響を及ぼす。

寂しげな所で思いをはせれば、寂しげな気持ちになる。


a0960_008603.jpg


好天に恵まれた本日は

透き通る青空の下に立つ。今年最後の櫻の下で。




伸びやかに流れる雲、澄んだ瞳の色をした空の色


a0960_008487.jpg


紺碧の空間をピンクの櫻が、ハラ、と散る。



静かで、穏やかな時間が流れる。


そうだこの気持ちだ

昨日の、思い煩いを洗い清める。



久しぶりに背筋を伸ばした。



生きる事は(穏やかに、前に前にだ)と今日は思えた。







ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

思いわずらう(煩う)

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


(蛙が鳴くから帰ろ)

子供の時代の言葉。

夕暮れ時になると、子供の頃から何となく物寂しい気持ちになったものだ。

四季で言えば、晩秋はなぜか侘しさを思う。


a0001_009065.jpg




厄災は時と人と場所を選ばず訪れるのだから、

何歳であっても明日の自分の事を思い煩った所でどうにもなるものでもない。


10代の時の明日も

20代の時の明日も

80代の明日も、明日にはなんら変わる事はない。


思い煩った所で、明日が変わる分けでもない。

それなのに、

侘しさや切なさを、歳のせいにするのはどうしてだろう。


a0960_006830.jpg



夕闇迫る、小学校の校庭の桜を見つめながら

そんな事を思う自分がいる。


ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

パラパラ漫画のように駆け抜ける人生

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


(先日新年の挨拶をした)と思ったら

すでに令和の時代を迎えようとしている。

昭和生まれとしては、決して昭和は遠い過去に感じはしないが

平成生まれの若い人には、

私たちが明治を遠い時代と思ったように

きっと遥かな時代と感じるのであろう。
a0800_000725.jpg



元号はその時代の景色を思い出させてくれる意味では

かなり有効であるような気がする。

1950年代がどうだったかよりも、昭和何年のあの時代と

感じた方が、思い出し易いのは確かだ。

a0070_000122.jpg


光陰矢の如しとはよく言ったものだが

今は

矢よりも早い、光陰、弾丸の如しだ。


人生は

まるでパラパラ漫画のように駆け抜けて行ってしまう。



1日1日を大切にしなければと思いつつも

甘酸っぱい気持ちと、落ち着かない日が駆け抜ける。


a0960_007407.jpg




 修業が足りない自分が物悲しい。


    喝!!

ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする