2017年03月31日

人を感動させようなんて考えなくてもいいのよ、自分が感動しなさい、と母に言われた。

貴方様との一期一会に心より感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村


私の母は少し変わった人だった。

父が母と一緒に歩く人ではなかった事もあり、

私をどこにも連れ歩いた。

戦後の間もない、食べるものさえ

ままにならない時代、

遠路、ハヤシライスを食べに連れて行き、

このお店は

(川端康成や、谷崎潤一郎がよく食べに来たお店よ)

作家の名前さえ知らない私に

話して聞かせるような人でした。


a0002_011489.jpg


意識はしていなかったでしょうが

(女は灰になるまで)の落語を

なにも分からぬ私に聞かせたのも母です。

a1620_000205.jpg




そんな母が

結構、真面目な顔をして

(人を感動させようなんて考えなくてもいいのよ。

自分が感動する事をしなさい。

それが私も感動させてくれればなおいいのよ。)


a0960_007893.jpg



幼い私には理解を越えた言葉でした。

その言葉のもつ意味が

少しだけ理解出来るようになるのに

70年以上の年月を必要としました。


a0001_017865.jpg



結局、私は母を感動させる生き方は

出来なかったのですが

自分が感動する喜びだけは実践してこれた

ように思います。




生きる、って

自分が感動できる位、燃焼しきる事こそが

基本なのかも知れません。



その一部が、他の方にも共鳴し

喜びや、笑いや、優しさや 愛に

結びつく事になれば

おまけとして、なお素敵な事に、なるかも知れない。




ついでに、ここをポチしてもらえると力がでます。




クリックいただけたら心より感謝します。(女性は永遠のテーマです)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

人生が公平である分けがない、と思う自分に。

貴方様との一期一会に心より感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

自身が肉体的に疲れた時、

回りの人は健康美に輝いているように見え

羨ましさ、さえ感ずる。

精神的に疲れた時もそれは同じだ。

自分だけが、間抜けに見えたり、劣って感ずる時がある。

人の思考回路は、常に人と比較し

劣等感を抱いたり、優越感を抱くように創られているのだろう。

a1370_000408.jpg


人生はフェアでは無い、と言う友人がいた。

ビル、ゲイツの(ルール)にも取り上げられている。

そうだろう。

いや、そうだろうか?

一人一人の考え方により、そのどちらとも言える。

生まれた事に、挑戦する心、意思の力のある人は

現状から脱皮しようと、もがき、

明日への飽くなき希望を抱き続けるだろう。

しかし、人はそういう考え方の出来る時だけではないし

そうした考え方が出来る人だけではない。

a1380_001636.jpg


ただ、人の誕生の由来を考えると(とても難しい問題だが)

与えられ現象に打ち克ち、飽くなき挑戦を、

向こうに行く日まで

続ける事の方がワクワクして楽しいと

個人的な考え方としては受け入れ易い。


a1400_000457.jpg



人生は人の数だけ、違う考え方があっていいと思う。


a0150_000101.jpg



今春も、変わる事無く、散歩道のサクラは

私を迎えてくれる。




サクラさん、貴方の生き方や考え方を


a0150_000103.jpg


一度聞いてみたい、なあ。



a1130_000191.jpg


ついでに、ここをポチしてもらえると力がでます。




クリックいただけたら心より感謝します。(女性は永遠のテーマです)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする