2017年05月30日

(忖度)と、この国の歴史と引きこもり考

貴方様との一期一会に心より感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村


この所、森友学園の問題に端を発し、(忖度)の問題が

面白おかしく連日、報道されている。

なかには、(忖度は貴方の国にありますか)と

外国人にインタビューをしている場面すらある。


a0006_000503.jpg


(惻隠の情)(仁義礼誠)が外国人に理解不能であると同様

(日本流の忖度)を外人に尋ねるのは噴飯ものだと思います。

我が国のマスコミが

いかに知性に欠け、自分の国の精神の骨格すら曖昧である事に

驚きさえ覚えるのは私だけでしょうか?

a0001_011484.jpg



歴史を紐解かなくても、今の時代でも、

私たちの日常生活が(忖度)で成り立っている事を忘れ去り、

(忖度)を話題にするのは

自分の顔に墨が付いているのに、貴方の顔に墨が付いていると

笑い転げているのに似ている。


a0002_001385.jpg


相手の思惑を察知して、その意に沿うような行動を起こす。

日本の日常は、それによって成り立つ部分が多い。

自分の妻を(愚妻)

贈り物を(粗品)というのは(忖度)の延長線にあると思えます。

茶道、華道、あらゆる日本文化の底流に流れる

世界に誇るべき独自の文化の生い立ちを知らず

自ら貶めている考えは

国の基本を形成する、教育の問題にまでさかのぼって

考えないと、自国の立ち位置を自らが失いかねないような

マスメディア並びにコメンテーターの無知を

情けなく、かつ憂います。

a1380_000589.jpg


世界の考え方に合わせる考え方も必要は

当たり前の事ではありますが、

それも自国の精神的骨格や歴史を理解してから

世界との調和を考えるのが、

世界のどこの国でも基本姿勢であると思います。

a0001_010161.jpg




今回の問題も、内閣府、文科省また

自民党内部、また与党と野党のそれぞれの

立場での忖度の問題であり、

贈賄若しくは国が大損害に及ばぬ限り

大袈裟に取り上げるべき問題でしょうか。

まさにワイドショーの話題に過ぎません。

そんな時間があれば国の千年の体系を考える方がはるかに

優先事項です。




a0008_000182.jpg


(忖度)を論じる時、

今、日本には引きこもりが150万人もいる、この現状と

関係があると、述べたら、どこが?と問われると思います。

(忖度)の一文字の理解も出来ず、右往左往して

大衆を煽っているマスコミにも大いに問題がありますが、

基本は国家百年千年を左右する教育に基本的な問題があるように

思います。マスメディアの原点も教育に問題があった事も起因するでしょう。

私たちの戦後教育の時代にすら、引きこもりなどは存在しなかった。

時代が変わったから?

そうでしょうか?時代は、いつも激動しています。

引きこもりや、自殺者、いじめの問題も

基本は、幼児期からの教育に帰着して行く所が大であると

思わずにはおれます。

引きこもりや自殺者もいじめ問題も自己選択には違いありませんが

教育が正道であれば、また、別な選択も

出来たとも言えます。


a0790_000669.jpg



私の時代は敗戦国の教育を受け

(How do you do アメリカさん)の音曲を先生から学び

新聞紙でアメリカ兵のキャップを作り、それを被った。

だから決して良い教育環境とは言えなかったと思います。

従って、今のような情報もなかったが自らが学びの道を

選択するしかなかった。

戦争に負けるとは、そうした教育も受ける。

過去の歴史や、精神も骨抜きにされ

全て占領国になすままになったが

敗戦国はそれしか生きる道はなかったし

日本人の歴史や精神は、敗戦そのものを潔く認める

健気さもあった。



これは古来からの武士道の考えに由来する。

原爆を落とされた

広島、長崎の被爆者の方々は戦勝国を恨まず

戦争反対、核廃絶を願う。

戦争で亡くなった多くの人達のご家族は

相手を恨まず、御霊の安かれと願い、平和を祈った。


a0002_001356.jpg



戦後、欧米の文化は

怒涛のように日本に訪れ、日本人を

良きにつけ悪しきにつけ翻弄した。



そして今、グローバル化した世界で

日本はかなりあやふやな道を

模索しつつ歩んでいる。




国家の骨格、その国の歴史の積み重ねはDNAとなり

現在に至るが私は右傾的考えと評されようとも

国の基本である教育を今一度考える時期に来ているように思う。




新渡戸 稲造公が

(武士道)で

(武士道は桜花と同様、日本の土地に咲く固有の世界の中でも稀なる花である)

と述べています。

(最近再読し改めてこの書の真髄が少し理解できた気がしますが

お読みで無い方は是非お勧めします)




引きこもりや

自殺者の世界第5位の現状は

(忖度)論議を機会に

あまりに貧弱な歴史認識しかないマスメディアを含め

日本人の教育の再考の機会のように思います。




日本の未来は、人口減少問題ではなく、

内閣府と文科省、政治家と官僚の忖度談義でもなく、

国家千年の基本、栴檀は双葉より芳しの故事に習う、

教育の再考であると思わずにおれません。




(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
a0008_000182.jpg
a0008_000176.jpg
a0006_000503.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

今日の金言、(貴方が思っているほど、人は貴方に期待していない)

貴方様との一期一会に心より感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

(貴方が思っているほど、人は貴方に期待していない。)

これは、心理学者マズローの言葉です。


a0002_011870.jpg



自分の人生を考えて見ますと、子供の頃は父母の期待に応えようと

活動して来ましたし、

学生時代は、先生の期待に添いたいと思った事もあった。

社会に出ると、上司を始め部下や恋人、家族、会社の期待に応えようと

その対象は変わりつつ、(期待に応えようと)

常に奮戦していた気がします。


a0024_000341.jpg




その事により、自分がどれだけ、心に重圧を思ったか

今思いますと、滑稽にも思えますし、

その時はそれぞれに真剣であった、とも思えます。

a0024_000345.jpg



最近のご相談者のお話を相対的に考えますと、

(期待に応えようとする)心の重圧により心身に影響が

出ている方が際立っているように思います。

それだけ世の中が変転極まりない激しい動きの時代に突入している事もありますが

私自身の人生を重ねた時、その気持ちは全て理解できます。

a0008_000183.jpg



が、それが原因で心身ともに、

自分を苛んでいる所もリアルに分かる所であります。



言うは易くにはなりますが、

(貴方が思っているほど、人は貴方に期待していない)

とたまに考える事により、少しホットする時間も出来るかも知れません。




人生は、少しホットする時間も欲しいですね。

(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
a0008_000182.jpg
a0008_000176.jpg
a0006_000503.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

人は殺されるかも(死ぬかも)知れない、けれど負けはしない。

貴方様との一期一会に心より感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村


(人は殺されるかも(死ぬかも)知れない、けれど負けはしない。)

これは、ヘミングウェイの「老人と海」の中の言葉だ。

a0008_002301.jpg



若い時に読み流して、気付かなかった、

「人間は負けるように造られていないんだ」は

若くして、過酷な人生に遭遇している人にも

老いて、明日が不確かな年齢になっている人にも

心に響く言葉だと思う。


a0027_000280.jpg


人の肉体は老いる

しかし、心まで老いる事もないし

どのような状況になろうとも、おかれても

負ける事はない。

a0006_000503.jpg


最近の自分を支えている言葉ですが

少々人生目標の設定に戸惑っている日々。


どなたかが、人生2度目の義務教育を提唱して

いましたが、なかなかの提案のように思う。

苦も楽も経験した後の学習は

幼い日々の学習とはまた違った学びが

展開するであろう事は想像できる。

a0008_000176.jpg


それは提案の段階であるから

現実は個人で残された日々の人生設計を

再構築して

1日一生の心で、今を生きればよい事は分かりつつ

長めの目標設定をしたいと今、模索する。

後、3年先は東京オリンピックか?

その時はすでに傘寿(80)を越えるから

少なくても米寿(88)程度のまでに出来る目標設定を

考えねば、と思う。

a0008_000182.jpg




傘寿の前後には心臓の弁の交換もあるだろうし

腰痛や肩痛との対話も続けねばならないが

(人は負けはしない)をAll is will(きっと上手く行く)

つぶやきつつ、




生きる努力をしよう。



さて出来るかな?


(人は負けはしない)
(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will(きっと上手く行く)
All is will
(きっと上手く行く)
a0008_000182.jpg
a0008_000176.jpg
a0006_000503.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする