2018年07月18日

不摂生のつけはいずれ自分が払うのだ。その覚悟も少しは出来ている。

一期一会、うたかたの人生のご縁
その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ


私は不摂生の極みを生きているような気がする。

読書やパソコンをいじっていて

明け方まで起きているのも珍しくない。

4,5時間睡眠か?

目がかすんでも、止めないのだから自業自得。

a0002_009490.jpg


一時は、睡眠不足の弊害をテレビや本で見たり読んだりして

気にしたが、最近は開き直って

人間眠れなくて死んだとはあまり聞かない、と

思うようにした。



お酒も、恐る恐る呑んでいたのだが

可愛げが無くなったというか

ふてぶてしくなったというか、

開き直ったというのか、

呆れたことに痛みの最中や、通院中にも

適当に呑んでいた。

(美味しいのがなによりだ)と弁解しながら。
a1380_000301.jpg



不摂生しても毎月の心臓検査は今の所、異常ないが

お医者さんが実情を知ったら呆れるだろう。



半年歩けなかった脚も、

そのせいで治ったわけではあるまいが

歩けるようになり痛みも無くなった。

(これは1晩で突然治ったので

いつ痛みがでるか少々不安ではある)(;´Д`)

a0790_001206.jpg


人間は気を病まないで、自分の好きなことを

出来るのがなにより幸せだし、健康でいられるのかも。

と元気な今は考えている。



今日はこんな事を言っているが

昨晩、自分のブログを読み返したら

数年前から、痛いだ、神様助けて、なんて書いたあった。

喉元過ぎればなんとやらで、忘れかけている。


a0790_001231.jpg


そうかあの頃から、そんなに痛みで悩んでいたのか、と

時の流れの速さを思うと同時に

人生は刹那だ、と改めて思った。



この不摂生のつけは

いずれ自分が払うのだから、その覚悟もどこかでは

出来ている。



好きなことをバリバリやろう、と最近では

思っている。

石原裕次郎の唄の歌詞ではないが

〈短かろうが、長かろうが、

わが人生に悔いはない)

a0008_001632.jpg


たまにポチポチ
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

正しい日本の歴史を知らないで育った世代だが

一期一会、うたかたの人生のご縁
その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

正しい歴史を知らないで育ったからと、と言って

生きていくのには特別支障がないようには、思える、が

先日、孫と

第二次世界大戦の話に及び、あまりに貧弱な歴史認識に

呆れて、以下の記事を書く気になった。

少々長くなりますので、歴史にご興味のない方は

次回の記事に、ご訪問いただけましたら嬉しく思います。

a0002_009095.jpg



さて、我が国は戦争に負けて、植民地になったのだから、

戦勝国であるアメリカが

日本の伝統や歴史の全てに手をいれ国民を洗脳し

憲法は当然として

その国の未来を決定する教育(学校教育)には

特に、念入りな根回しがありました。



戦前と戦後の端境期に生まれた70代60代は、

いわゆる民主主義という名の教育を初めて経験した事になる。




しかし戦前の教育を知らない私達は

特別な違和感もなく

三権分立だとか戦争放棄の憲法を素直に受け入れた。




もし、戦勝国であると自称した中国やソ連に

日本国が、北海道はソ連、九州は中国(当時の支那)に分割されていたら

西ドイツ、東ドイツの悲劇や半島の悲劇を

経験しなければならなかっただろう。

a0800_000202.jpg




私が日本の歴史を正しく初めて学んだのは

故 渡部昇一氏や司馬遼太郎氏の書籍による所が多い。

勿論、それらの書籍が全て正しく歴史分析しているとは思わないが

他の歴史書と比較しながら読んでもかなりの部分で

納得性と正しさが感じられた。




日出ずる国ともてはやされ、

ジャパンアズナンバーワン(注)と謳われたが



【(注)Japan as Number One: Lessons for America)は、
社会学者エズラ・ヴォーゲルによる1979年の著書。
戦後の日本経済の高度経済成長の要因を分析し、日本的経営を高く評価している】



戦後70年たった今も、敗戦国はそのまま敗戦国のレッテルを

張られたままだ。



子供の頃に、酷く痛めつけられた子が

しばらく支配され続けられるのに似ている。




日本武士道の精神は戦いに、勝っても負けても

潔さを旨とする考え方があるから


普通は数年で仲直りしたり

成人してあの時はそんな事もあったなあ、で終わる。





しかし他国には自国(日本自身)の考えは通用しない。

植民地白人支配への戦争であったのなんて

当のアジア人ですら忘れ去っている。

特にろくに抵抗もしないで白人の仲間になった

中国は、アジア黄色人種全体としては風上にもおけないのが

歴史の真実ではある。



国と国は国家の利害がからんでいるからなおさらで

どこかの国の誰かさんではないが

(その恨みは千年たっても消えさるものではない)と

70年たっても、ある事無い事をネタにして

じくじくと痛みに塩を刷り込む事を忘れない。


台湾と韓国は同じように日本は扱って来たはずなのに

今の両国の考え方の相違は天と地の差がある。


国民性の違い、とは言ってもあまりに違い過ぎて

言葉すら失う。




アメリカは一時期

双子の赤字で国家破産が噂された時代があっても

乗り越えて来れたのは日本からの膨大な経済の吸い取りで

あったのは自明の理であろう。

今もその状態はほとんど変わらない。



しかし敗戦国と戦勝国とはそうしたものであろう。




ただし

日本の戦争の意味だけは正しく後世に伝える事は

必要だ。

孫の話を聞いていると

歴史認識、教育をして行かねば

今後の日本国民がいつまでも懺悔や劣等感に苛まれ卑屈になる恐れが

危惧される。




長くなるので以後は大事なことであるが

短く話す。(ほとんどの方が知っている事であるので)




当時日本は戦わずして植民地になる事を選ぶか

戦ってかりに負けても(勝算の薄い戦いであった事は周知であったのだから)

国を守るかの、武士道精神の選択が根本にあった。




世界中を見回しても全てが白人支配の植民地になっていた時代で

特にアジアでは中国の一部と日本だけが

白人の植民地でなかった存在であったのは皆様がご存知の通りですが

そんな初歩的な歴史認識すら孫は知らなかったのだ。



a0001_000873.jpg


ペリー来航に端を発し、植民地危機に至り、

日露戦争もソ連の植民地化政策に抵抗しての戦いで

日本の戦争のほとんどは

白人植民地政策への抵抗から始まった。

(注、司馬遼太郎の坂の上の雲をお読みいただければ

当時の日本人がどのよな気概を持ってで日露戦争に至ったかがよく分かると思います)



日本は敗戦国にはなったが

インド、インドネシア、フィリピン等、全てのアジアの植民地開放になった.




貴方なら、自宅に、

強引に(お前の家の一部をよこし、今日から俺の言うことを聞け)と

言われたら、はいどうぞ、と大人しく明け渡しますか?


それとも、絶対にかなわないと分析出来る相手であっても、

もてるあらゆる英知をもって、抵抗しますか?




先人の苦悩と犠牲が、今の、安定と繁栄を、もたらした。

(海行かば水浮く屍、山行かば苔むす屍)

a1380_000521.jpg




しっかりした認識と誇りをもって

後世に伝えるべき事であると孫と話したのでした。



ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 00:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

暗示の善用と悪用

一期一会、うたかたの人生のご縁
その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

オウムの一件が一つの区切りを付けた。

集合的意識への暗示力の強力さや、無念さをまざまざ具象化した事件であった。



(暗示)はドイツのヒトラーの独裁を一つのモデルとして

学生時代に心理学で徹底的に学習した。

なぜナチスは夜半から夜中に演説会開催するかの理由から

敬礼の意味、ヒットラー総裁の演説の手の位置の意味等

子細に学んだ。

a0780_000811.jpg


その後、仕事についてから、その分野の研修や実践を続けてきたので、

(暗示)で世の中が回っていると強く思えた。




身近では、(三つ子の魂百まで)という親の子に対する暗示。

日常では、毎分毎秒のように溢れるテレビコマーシャル。

街にでれば、溢れかえる宣伝ポスターやネオン。

a0006_000919.jpg




夫婦の関係すら、暗示のかけっこの生活とも言えるし

職場の人間関係も暗示の渦の中。




本来名医は暗示力のある人が名医だと言われたが

今はお医者さんも超多忙で、暗示の質的向上なんて関係なくなり

ハイ次の方、

間が悪いと、(このままほっておくと貴方死ぬよ)

なんて暴言に近い言葉すら投げかける医師すらいる。

(これは私の実体験です)

a0001_014037.jpg



医は仁術、ヒポクラテスの高邁な教えは

余りに多忙さ故、消え去って(暗示)の逆利用にすらなる始末。



(治る、きっと治る)なんて言われた事はない。

嘘でもそう言われたら病気は半分治る。


これは、うっかりした事の言えなくなった社会の責任もある。

何かといえば、それ裁判だ、訴える、これだって逆暗示だ。

これでは、医師も仁術なんて言っていられない。



全世界は(暗示)の総合結果で成り立っているとも言える。

アメリカ大統領は肩書が既に暗示となっているから強力だ。

中国(支那)は、この(暗示)で国民を共産主義に洗脳しているから

世界で最も(暗示)を強力に利用している国家といえる。

a1180_013360.jpg


政治家は演説がうまくなければ、名政治家になりづらい。

古今東西の名政治家は名演説家が多い、というようりも

暗示力がある人がそうした立場になり易いのであろう。


現安部氏は、全世界をくまなく巡行した行動力のある首相でしかも
強国とそれなりに渡り合えるのだが、
モリかけで2年も責められるのは発言の暗示力に欠けるからか。

a1180_002156.jpg



たかだか数億の事件で、国家国民(数百兆数千兆)の舵取りの時間を
無為に費やされるとは、野党も呆れた呆れた存在だが

発言の暗示力の弱さにも原因の一端はある。


この暗示の降り注ぐ社会を私たちは
いかに生きていくか。

自己防御力がないと、降り注ぐ暗示の渦に知らぬ間に
巻き込まれ、心をヤラレ、ふところをヤラレル。


妄想に近く聞こえるかもしれないが
年齢はは全く関係ない、を特に高齢者は強く自覚するのがいいと思う。

そして
自分の心の力が、全世界の心のネットワークに繋がって
いる事を強く信じる事ですね。
これは妄想ではなくこれは真実です。
心理学の巨人のユングが喝破しているのですから。

a1180_009330.jpg



自分の心の力が
社会や日本、大げさに聞こえるかもしれないが

世界すら動かす力がある事を強く思えるだけでも痛快ではないでしょうか。
偉い立場であろうが、貧しい立場であろうが
心の力は平等に存在する。それを今までうまく利用しないで
利用されてばかりいたと思えばよいのでしょう。

自分の病気だって、
暗示には効果がある。
どんな事にも、負けてたまるか負けられないの

自己暗示力は強い。

社会からはシャワーのように悪い暗示が降り注ぐ。
その悪質な暗示に負けない為には、強い自己暗示で自分を守らなければ
誰も守ってはくれない。

明るい事、楽しい事、嬉しくなることを
考える事を多くすれば運命は
何歳になっても変わり得る。

私たちはいくつになっても青春の心だから。
a0001_017792.jpg


なんだか今日は演説調。

多弁ご容赦。(/ω\)

ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 12:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする