2019年04月28日

祈り

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


人生で祈った事はない、と言う方は少ないでしょう。

【祈り】とは神などの人間を超える神格化されたものに対して、何かの実現を願う ことのようです。

人間は存在そのものが、どこから来てどこに向かうのか曖昧ですから

不安な事や、困難の事に出会った場合は、【祈り】を思ってなんら不思議でないと思います。


と、申し上げるより

【祈り】は生きる上に、必要なものではないかと思います。

a0960_008490.jpg


生まれた事に感謝から始まり

産んでいただいた両親に感謝、

その後のあらゆる出来事や困難や楽しい事に感謝、



その時々にあったのは

自分で気が付く気が付かないは別として

【祈り】ではなかったのか?

a1180_017059.jpg


人生は考え方によっては

林 芙美子ではないが(花の命は短くて苦しき事の多かりき)になり易い。


しかし、意識、無意識はともかくとして、常にその困難を乗り越えるのには

【祈り】があったように思います。

a0960_006236.jpg




【祈り】はあらゆるモノを乗り越える力がある。

【祈り】はあらゆるモノを実現する力がある。



と思うのは私だけでしょうか。



(負けないと思う心の祈りは、負けない結果を実現する)がこれからの私の【祈りです】











ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

100歳の目標を言う黒柳徹子氏

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


昨夜のテレビをご覧になられた方は多いと思いますが

(徹子の部屋は90歳の50年の区切りまでで)

(その後は政治記者をやりたい)

と徹子氏が話しておられました。

一番驚いたのは、その言葉になんの躊躇もよどみもなかった点です。

a0960_007404.jpg



普通は

(それまで生きれたら)とか(それまで生きれるでしょうか?)

と言います。



そこが黒柳徹子氏の凄さであると思います。



今日の我が家は黒柳徹子氏の話でもちきりです。

(人は何よりも前向きな心が大切なんだね)と再々確認するのでした。

どんな時にも前向きに生き、何歳になっても明日の目標を語る、

なんと素晴らしい事だろう。

a0001_018006.jpg


この日は名古屋の

吉川の宝石女将さんもテレビに登場し、90歳までの計画を嬉々として話していましたね。


どんな薬よりも効く、お二人のお話でした。

頑張るぞ!!!人間の生き方を決めるのは年齢ではなく、心の若さだ。!!!

生きる道をお教え下さりありがとうございました。

a1380_001316.jpg


お二人に感謝です。




ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

善意への感謝

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


自分がブログを記すようになって381回、

早いものですでに5年の歳月が流れた。

ブログのブの字も知らなかった人間が、

ここまで続くとも考えていなかったけれど

日記を付けない自分には色々な意味でよかったと思っています。


私自身は何かを感じた記事にはクリックの習慣がありましたので

恥ずかしながら、ここまでクリックの応援を戴くのが難しいとは思っていませんでした。汗


a0960_008506.jpg



それが、381回目で初めて日に4クリックをいただき、嬉しかったです。感謝。(^^♪

日に何百もの応援をいただいている方から見ますと、(えっ)と思われるでしょうが

率直な話、嬉しいの一言です。!(^^)!



その日の記事でクリックを戴いたかどうかは定かでないのですが

どのような記事でクリックを戴けたのかは自分なりに興味もありますが

何よりも感謝です。



私は

社会に出てから色々な生き方を模索しました。

行きついた所は

(人の良い所を認める)でした。


しかし、これも決して楽な道ではありませんでした。

(口が上手い)(おべんちゃら)(ゴマすり)

かなりの陰口が耳に届きました。

【巧言令色】という格言も胸に突き刺さる事もありました。

a0960_008511.jpg




しかし、たどり着いた結論を変える事はしませんでした、というよりも

出来ませんでした。


それによってかなりの成果も得る事も出来ましたし、

知人友人も出来ました。


自分には(相手の良い所を認め、伝える)これしか出来なかった、と言うのが本当の所でしょうか。

そうした事もあり

今でも、人の素晴らしい所を見つける特技は、身に付いていると言う自負はあります。

a0960_008529.jpg




批判や批評よりも

まずお相手の良い所に気付く習慣、

これを続けて来ますと、相手から認めていただける事が多くなる、と自分の経験では思っています。


この積み上げて来た経験はこれから先も変えられないし

変わらないと思います。


更新の少ないブログですが、令和の時代に入り

今後ともよろしくお願いいたします。





ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村ita
posted by ryushi at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする