2018年12月22日

孫氏(ソフトバンク)の兵法

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村



今から17,8年前の事であったろう。

駅前で、インターネットの接続端子を無料で配っている会社があった。

現金で買えば7、8万円を下らない商品である。

勿論それには当然付帯条件はあったが、

当時としてはなかなか思い切った商法ではあった。

それがソフトバンクの孫氏の兵法の原点であるように思う。

a0001_016207.jpg


ハード部分で破竹の進撃を続けて来た日本の中で

渡米後、いち早くソフトの時代の到来を察知した

孫氏はやはり只者ではあるまい。

a0002_001133.jpg


わずか20年で、情報化世界は想像を超える進化を遂げた。

そして、今や世界の孫氏として羽ばたいている。


すでに第5世代移動通信システムが世界を制すると言われる時代に突入した。

米中経済戦争はこの第5世代通信移動通信システムの

覇権争いであるとも言われているのは皆様ご存知の通りだ。





新橋の地下室で社員数名の段階で、ビール箱の上で

(天下を取る)と語った孫氏は

今回の上場で2兆6千億円を調達し歴史を変えた。

孫氏はどこまで走る続けるのであろうか。

a1130_000369.jpg


実業の通信事業よりⅯ&Aの利益の方が遥かに利益率がある所まで

ソフトバンク行きついているそうだが、どこに向かい

どこに行き付こうとしているのであろうか。



私も若い頃、ビール箱の上ではなかったが

社内で(天下を取りたい)と語った者として



日本のごく一部の企業のその中で(天下を取る)と

世界で(天下を取る)の差の大きさを

今、新らためて感じるが


孫氏は100億円を私の1万円の規模で考えるのであろう、

と思える。


その差は果てしなく大きいようにも思えるが


結局は

人は、人の考える規模(大小)に従い、人生を構築して行くのであろう。



その差が大きくなったり

小さくなったりするのだと思えば

果てしなく遠い距離も

a0960_007946.jpg




結局は自分自身の中にある広大無辺の力に

目覚めるか目覚めないかの差であるかも知れない。



まあ、その差が大きいな差とも言えるのだが。





人は誰もが広大無辺の力を有する。

その広大無辺に気付いて、大きな歩みが出来た人が



その器に等しいモノを手に入れる、と考えると、

貴方や私もまだまだ




これからの人生で、

これからの人間かも知れない。



孫氏の兵法、広大無辺の人間力に、

気付くべし。



昨日の歩行4123  階段64段
本日の歩行521


ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

恋する心は、あらゆる要素をリフレッシュする

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村



過去のブログを翻って見ました。

日記を付けない私には、

いつ、どのような考え方をして来たか

どのように生きて来たかが分かり、とても懐かしいような

恥かしいような、感覚です。





身勝手な文言の数々もあり赤面ですが

恋とか性にもかなり触れていますね。〜〜

a1380_000944.jpg





それは自身にその関心が強いからだと思います。



年齢を重ねるに従い、そうした事をタブー視するのは
決して良い事とは言えない、と私的には常に思ってます。


何歳になっても人を恋する事には悪意はありません。
生きとし生きる者の必然だと思うのです。

ただ、歳を重ねるにしたがい、そうしたエネルギーが弱まる事は必然です。

歳を重ねても人を恋する力の強い人は
生命力が強い、と言えるでしょう。

大昔から(英雄色を好む)の格言(?)があります。

a1180_011528.jpg



逆説的その格言を考えれば、
人に迷惑を及ばさない恋は
若返る秘訣とも言えるのではないでしょうか。

痛みや病との闘いですが
恋は
そうした事も瞬間忘れさせ、

命の、歓喜や切なささえ覚えさせてくれます。
その時人は生きているんだ、と思います。

a0002_012012.jpg




命短し、恋せよ、人達



ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

物が高いコンビニになぜ行ってしまうのか?

一期一会、うたかたの人生のご縁

その不思議に

感謝とありがとうを貴方様へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村



私が最初にコンビニを意識したのは

博多に在任のときであったから、もうかれこれ40年近い前の事になる。

その時、こんな近くにコンビニが乱立して経営が成り立つのであろうか?と

感じたことを覚えている。

しかしそれが、40年の時が流れてもまだ増店している事を思うと

自分の先見性のなさは情けない。

a0002_001233.jpg



さてそのコンビニは一般的にスーパーなどと比べると値段が高い。

それなのに、コンビニになぜ行ってしまうのか?


特売日にあれほど目の色を変えて、駆けつける人や

スーパーの折り込みを注意深く、読む人でもつい利用してしまう。



それは「コンビニ」の名称の由来である(便利、都合がよいから)でもあろう。

身近にあって便利、が最もその大きな理由であると思うが、

a0002_001419.jpg

もう一つ、現代人が忙しすぎて、

(時間)の対価として、コンビニを使っているのではなかろうか。


安くても遠ければ、時間がかかる、

現代人にとって、大切な時間がその分かかるから

近場のコンビニに時間の対価として、少し余分にお金を払う

これが無意識に私たちのとっている行動であろう。


今まで、全くコンビニに縁のなかった細君すら利用する。

その気持ちは、体の大変な私にもよく理解できる

a0001_018084.jpg


つい先日正月を迎えたと思ったら

もう師が走り始めた。時間が流れる。

時間は大切だとしみじみ理解できる歳になった。





ご縁のポチをありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村
posted by ryushi at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする